チョロQの人生旅行

趣味のチョロQと車と写真と・・・ 人生と

【史跡巡り】お城から古墳まで・・・ 埼玉県行田市巡り

みなさんこんにちは。

まだ5月なのに気温が30℃を超えて、いろいろなやる気を奪われているブラックスペシャルです。こんな暑い日は家で読書をしたり、アニメを見るに限りますね~

冬は防寒装備を整えればキャンプでもなんでも快適に過ごせますが、夏は外出すると、暑さがどうにもならないので苦手です・・・

故に夏のキャンプは冬以上に厳しいと思ってます(個人的見解)

さて、今回は2週間ぐらい前に行った埼玉県行田市の史跡巡りについて書きたいと思います。

 ①十万石本店

f:id:blackspesyaru:20190525160729j:plain

今回行った行田市とは埼玉北部にある町で、影の薄い埼玉県の中では、ドラマ「陸王」の舞台になったり、お城があったり、立派な古墳があったりとなかなか特色のある地域です。

写真にあるように、埼玉県名発祥の地でもあり、観光地に乏しい埼玉県の中で、歴史を感じることができる史跡がたくさんある場所です。

そんな行田市に着いて、最初に行った場所がここです↓

f:id:blackspesyaru:20190525161401j:plain

f:id:blackspesyaru:20190525161353j:plain

「風が語り掛けます・・・うまい、うますぎる十万石まんじゅう

埼玉県民なら知らない人はいない、あの「十万石」の本店です!

この建物自体も歴史あるものらしく、国の登録有形文化財に指定されています。

 

f:id:blackspesyaru:20190525161842j:plain

せっかく来たので、「翔んで埼玉」仕様の十万石まんじゅうを買いました。

映画は観ましたが、埼玉ネタばかりでめっちゃ笑いました

埼玉県民じゃなくても、関東圏の人なら笑えると思うのでオススメです。

 

忍城

十万石の本店に行った後は、「忍城」に行きました。

まさに名前がニンニンキャッスル。

f:id:blackspesyaru:20190525162340j:plain

f:id:blackspesyaru:20190525162525j:plain

生まれも育ちも埼玉ですが、こんな立派なお城が埼玉県にあったなんて少し驚きました!

当日は天気も良かったので、風景もなかなかきれいで。

お城の中には甲冑を来た人たちが居たり、観光地として盛り上げていこうという感じがしました。

 

f:id:blackspesyaru:20190525162936j:plain

『ニンニンキャッスル』



 

絞り値(F値) シャッタースピード ISO 露出補正
22 1/60 160 0

なかなかお城とチョロQが一緒に写る場所がなくて苦労しました。やっと取れた写真も「う~ん」って感じでしょうか

③行田のフライ

忍城を観光した後は、お昼ご飯を食べるために街をブラブラとしていましたが、行田といえば「フライ」が有名だったなと思いだし、そのお店へ向かいました。

 

f:id:blackspesyaru:20190525163304j:plain

「フライ」とは水で溶いた小麦粉を鉄板で焼き、肉やねぎを載せた料理です。名前とは裏腹にまったく揚げてはいません。

なんで「フライ」というかと言うと↓

戦前農家で手軽に作られていたフライは、腹持ちが良いこともあって、昭和初期の行田で全盛期を迎えた足袋工場で働く女工さんのおやつとして人気がありました。

その名の由来には、行田周辺が布の産地だったことから「布来(ふらい)」になったという説があります。そのほかにも、フライパンで焼くからフライ、「富よ来い」に引っかけてフライになったなど、いろいろな説があります。

 行田市観光協会のサイトより引用

 

味としてはお好み焼きっぽい感じですが、お好み焼きみたいに具材がたっぷりというより、生地が主役の料理でした。

とても美味しかったですし、確かに腹持ちもかなり良かったです。

これはまた食べに行きたい!

④さきたま古墳群

お昼ご飯を食べた後は、さきたま古墳群に行きました。

f:id:blackspesyaru:20190525164248j:plain

「めざせ世界遺産!」大阪の大仙陵古墳がつい最近世界遺産に推薦されたとのニュースがありましたが、こちらはどうなんでしょうか。

まあ、世界遺産にならないほうが埼玉っぽいですけどね

f:id:blackspesyaru:20190525164735j:plain

古墳を見る前に、古墳の博物館があったので、そこで歴史を予習しました。

入館料200円という安さですが、なんと国宝が展示されています!

日本史が好きな方なら覚えているでしょうか?あの稲荷山古墳出土鉄剣があるのです!

そう、教科書にも載る、「ワカタケル」って書いてある剣です。

昔、教科書で見た実物を見られて少し感動しました

 

f:id:blackspesyaru:20190525165053j:plain

博物館を見た後は古墳へ。前方後円墳から円墳までいろいろな古墳があります。

また、写真のように登ることが出来る古墳もあり、頂上からは行田の街並みを見渡すことが出来ます

 

f:id:blackspesyaru:20190525165327j:plain

写真は稲荷山古墳。前方後円墳になっていることが確認できます!

 

f:id:blackspesyaru:20190525165618j:plain

f:id:blackspesyaru:20190525165635j:plain

f:id:blackspesyaru:20190525165849j:plain

 

こちらは将軍山古墳。

登ることはできませんが、はにわが再現されていたり、一部が「将軍山古墳展示館」になっており、実際に古墳の中に入れます!

内部では実際に埋葬されていた当時を再現したものを見ることが出来ました。

 

f:id:blackspesyaru:20190525165904j:plain

f:id:blackspesyaru:20190525165916j:plain

古墳の頂上から見た行田市の街並みです。ひたすら平野が続いており、まさにこれが「埼玉」という風景です。

こういう平野で育った人間なので、最初に甲府に行った時に、街の周りがすべて山に囲まれているのには驚きました。

 

たまには自分の地元を観光してみるのも良いものです。埼玉はやっぱり垢抜けないけど

今回はここまで。

【旅行】GW東北一人旅:東由利~仙台

みなさんこんにちは。

5月も中旬、もうすぐ下旬ですね。

さて、5月が終わる前にGWに行った東北一人旅を完結させます。

東北一人旅最終章、東由利~仙台です。

①道の駅東由利

4日目の朝、雨の由利本荘市を出発し、国道107号線を横手方面に走りました。

そして、途中で道の駅を見つけたので、なんとなく寄ってみることに

f:id:blackspesyaru:20190518151516j:plain

道の駅東由利です。温泉施設やAコープなども併設されており、買い物から観光までいろいろ楽しめそうな道の駅でした。

そして道の駅を歩いていると、こんなポスターが・・・

f:id:blackspesyaru:20190518151648j:plain

こういう可愛らしいキャラクターを見ると気になってしまうものでして・・・

由利本荘市ご当地キャラクターで、「黄桜すい」というそうです。

ご当地キャラといえば、くまモンふっかちゃんのようなゆるキャラが有名ですが、こういう萌え系のキャラクターも居るんだなぁと思いました。

 

f:id:blackspesyaru:20190518151939j:plain

なんとキャラクターグッズの売り場までありました!かなり力を入れているようです

Tシャツ、ポストカードやキーホルダー、CDまであって驚きました!

 

f:id:blackspesyaru:20190518152202j:plain

私もしっかりグッズを購入しました!すいちゃんのストラップは今、車の鍵に付けています。

他にも国道107号のステッカーも確保。まだ国道ステッカーは集め始めたばっかりなんですが、結構いいペースで集まっています。

今回、由利本荘市は宿泊拠点ぐらいにしか考えていなかったので、あまり観光などはしていないのですが、次に来たときはいろいろ回ってみたいなぁと思いました。

②仙台さんぽ

道の駅東由利を出発した後は、国道107号をひたすら横手方面に走り、横手ICで秋田自動車道に乗りました。そこからは北上方面に走り、北上JCT東北自動車道を仙台方面に向かいました。そして、最終日の宿がある仙台市の中心部で車を止めました。

f:id:blackspesyaru:20190518152935j:plain

東北地方最大の都市、仙台市。私は初めて来たのですが、都会的な雰囲気に圧倒されました。道路も片側4車線とかあって、いきなり右折専用、左折専用レーンになったりするので、走るのが少し怖かったです・・・

 

f:id:blackspesyaru:20190518153100j:plain

 

f:id:blackspesyaru:20190518153112j:plain

杜の都」と呼ばれているだけあって、都会なのに木がたくさん植えられており、美しい街並みが広がっています。この感じ、個人的には東京より好きです

仙台についてからは車ではなく、電車と徒歩で移動しました。

 

f:id:blackspesyaru:20190518153304j:plain

f:id:blackspesyaru:20190518153316j:plain

仙台駅より地下鉄東西線を使い、国際センター駅へ。

仙台城への最寄り駅ということで降りてみましたが、駅舎も綺麗で、こんなものも飾られていました↓

f:id:blackspesyaru:20190518153706j:plain

羽生結弦選手のパネルが展示されていました!こないだテレビでこれを設置するニュースを見たばかりだったので、まさか実物を見ることになるとは思いもよらなかったです

 

f:id:blackspesyaru:20190518153840j:plain

国際センター駅から少し歩くと仙台城の石垣が見えてきました。仙台城に行くには仙台駅から出てるバスに乗るのが一番楽らしいのですが、普通に徒歩圏内でした。

 

f:id:blackspesyaru:20190518154019j:plain

お城を登っていき、頂上には伊達政宗公の銅像がありました!

テレビでもよく見るあの有名な銅像です。有名観光地なだけあって、人がたくさんいました。

 

f:id:blackspesyaru:20190518154313j:plain

仙台城から見た仙台市街地の眺めです。雨だったので、雲で霞んでハッキリとは見えませんでしたが、仙台のビル群が見えました!

自然と都会が調和する街。それが仙台なんだなぁと思いました。

お城の頂上を見た後は、仙台市博物館を見学し、今度は夜ご飯を食べるために再び仙台駅に戻りました。

 

f:id:blackspesyaru:20190518154720j:plain

仙台といえば牛タン!ということで、夕飯は牛タン定食を食べました!

今まで牛タンってあまり食べたことなかったのですが、すごくおいしかったです!

③帰宅

夜ご飯を食べて仙台で一泊した次の日は、いよいよ旅の最終日。とは言っても、最終日は高速道路が渋滞する前に帰るために、本当に高速道路を走っているだけでした。

東北を離れるのはなんとなく名残惜しかったですが、「また遊びに来るぞ!」と心でつぶやき、関東へ帰りました。

 

今回の旅では総走行距離は約1300kmで、最も長距離を走った旅となりました。あっという間だったけど凄く楽しかったです!

東北は通過だけを含めれば青森県以外を制覇したことになります。今度は青森、果ては北海道の宗谷岬まで行きたい・・・

という訳で、GWの東北一人旅はこれにて終了。

それではまた。

【旅行】GW東北一人旅:秋田港と男鹿半島と

みなさんこんにちは。

ここ最近急に暖かくなって、夏の予感がする季節になってきましたね。

さて、今回はGWの東北一人旅第二弾!秋田港と男鹿半島について書きます。

 

①道の駅あきた港

f:id:blackspesyaru:20190511151605j:plain


東北旅行3日目は、由利本荘市の宿を出発し、国道7号をさらに北上し、男鹿半島を目指しました。

その途中で見つけた道の駅が「あきた港」です。

名前の通り秋田港にある道の駅なのですが、ここがまた楽しかった

f:id:blackspesyaru:20190511151854j:plain

港には工場地帯や風力発電があり、まさに秋田県の経済の中心といった感じです。

私はこういう海沿いにある工場地帯の風景が好きなので、すごくテンションがあがりました!

 

f:id:blackspesyaru:20190511152131j:plain

望遠レンズでズーム。煙突から出てる白い煙に、工場の建造物がたまりません

f:id:blackspesyaru:20190511152220j:plain

『工場とせいそうしゃ』
絞り値(F値) シャッタースピード ISO 露出補正
22 1/60 125 +0.7

工場をバックにせいそうしゃで一枚。なんとなくせいそうしゃは工場が似合いますね。(東京都ではないですがw)

そういえば港で写真を撮ってたら、地元の人に声をかけられました。「何を撮っているんですか」とか聞かれたり、カメラの話を軽くさせていただきました

一人旅って結構声をかけられること多いんですよね~

 

f:id:blackspesyaru:20190511152606j:plain

 

f:id:blackspesyaru:20190511152817j:plain

港には海上保安庁の巡視船も居ました!カッコイイ!!

いつも日本の海の安全を守っていただいてありがとうございます。

 

f:id:blackspesyaru:20190511153015j:plain

道の駅あきた港には立派な展望台があり、しかも無料で上ることが出来ます!

上の写真は展望台からみた秋田市の風景です。市街地の周りに山が見える風景がとても綺麗でした。秋田市も良いところだなぁ

街がきれいなのってすごくいいですよね。街に愛着も沸くでしょうし、自然と都市が近いのは凄くうらやましいです。

個人的に東京スカイツリーの展望台からの風景より感動しました。

スカイツリーの展望台は結構ガッカリした記憶があって・・・

 

鵜ノ崎海岸

秋田港を出発した後は予定通り男鹿半島に向かいました。地図で半島とか岬を見つけると一周したくなっちゃうんですよね~

f:id:blackspesyaru:20190511154017j:plain

f:id:blackspesyaru:20190511154150j:plain

男鹿半島で最初に寄ったのは鵜ノ崎海岸です。

日本の渚百選らしく、とてもきれいな海岸が続いていました。潮干狩り?をしている人もいて、なんとものどかな場所でした。

③入道崎灯台

鵜ノ崎海岸を出た後は、県道59号線を半島の先端に向けて走りました。この道がすごくきれいで、最高のワインディングでした。

目的地は男鹿半島の先端、入道崎灯台です。

f:id:blackspesyaru:20190511155042j:plain

入道崎灯台に着いたのはよかったんですが、人がなり多く、駐車場も止めるのに苦労したぐらいです。昼飯もここで食べる予定だったんですが、どこの店も満席でとても食べられる感じではなかったです・・・

 

f:id:blackspesyaru:20190511155204j:plain

入道崎にUFO出現!

この看板を出している店ではUFOとか宇宙人グッズが売ってましたw

④再び鵜ノ崎海岸へ

昼飯が食えなかったので、店がある男鹿市の市街地まで戻り、コンビニでお昼を調達し、再び鵜ノ崎海岸に向かいました。

f:id:blackspesyaru:20190511155454j:plain

海を見ながらだと、なんてことない昼飯をとても美味しかったです。ちょっとしたキャンプ気分ですね。

こういう事もあるし、今度から一人旅の時はお湯を沸かすために、シングルバーナーも常備しておこうかな・・・

由利本荘市へ再び

男鹿半島を満喫した後は、宿のある由利本荘市へ戻りました。同じ宿で2泊もすることなんて滅多にないので、なんとなく新鮮な感じがしました。

少し移住したような気分になったり・・・

 

今回はここまで。次は仙台編です。